狙い撃ち

レンジャーで行く徒花ソロ

calendar

reload

本記事ではソロ専用クエスト”輝光を屠る輪廻の徒花”について解説します
実装から4ヶ月程経過しており今更な話ではありますが、
80Lvが開放されクリファドも実装されバッヂも集めやすい今の時期に
Sランクを目指したいといった人の参考になれば幸いです。

まず下準備から

あたり前の話ではありますが、まず前提として現行の☆13武器や
最低でもサイキ以上のユニットを強化済みにして行く事が必要不可欠です。
武器はかならず光属性60の物を確保しましょう。
ダブルや深遠は弱点属性以外の属性に強い耐性を持っています。
その為武器の属性種を合わせないと目に見えてダメージが低下します。
スキルツリーやクラス構成の確認は勿論「チームツリー」の攻撃力アップや「弱点ダメージアップ」を使ってるかによっても大きく火力は変わってきます。肉野菜炒めやレーション 時限インストールなど使える物は徹底して使っていきましょう。
やられてしまう場合はハーフドールや氷天華などのバッヂ武器も有効です。

ダブル戦

ダークファルス・ダブルとの戦闘で重要なのは敵の動きやしくみを理解する事。
まず足コアの配置 よく「ダブルが逃げ回る」と言う人を見かけますが
これは配置を覚えて無いが故に起こってしまう現象です。
敵が動いた後にコアの位置を探しだして追っかけて行くと
コアに近づいたときにはダブルの行動が終わっていて次の動きに入る
そしてまたコアへ向かって行ったときには動かれて…という状態になると
中々コアに攻撃できず無駄に時間だけが経過する事になります。

その為コアの配置を覚え「この攻撃の後はこのあたりにコアが行く」
といった事を考えてコアに攻撃する機会を増やす事が重要です。
コアの配置は2パターン

※画像のクオリティに関する突っ込みは一切受け付けていません

どちらも時計周りに次の足が出現して行くと憶えれば分かりやすいかと。
塔の回転攻撃後はコアの位置が定まってないように見えますが
これは本体が自分の方を向く関係上そう見えるだけであり
ダブルの向きに対してどこにコアがあるか憶えれば見失う事はありません。

基本的にダブル戦ではパラレルスライダー零式で攻撃していく事になります。
チャージPAは強力ですが、動き回る足に当てるのは困難です。
ゲートが突進してくる攻撃中は動かないので狙うならこのタイミング。

ダウンを取った後はすぐに攻撃せずPPの残りを確認してから。
ダブルのダウンは「一定ダメージを受けたら起き上がる」という仕組みで
放置してた場合は30秒程度は倒れています。なので焦って攻撃する必要なし。
2回目までのダウンではWBは温存していきましょう。
基本的に各種スキルの乗ったサテカノ1発で起き上がります。
2回ダウンした後高確率で出てくる赤黒い車は回避を最優先に動きましょう。
マッシブを付けたり可能ならばジャンピングドッジ+パラ零で離脱
保険としてパニック無効の時限インストールも有効です。

重要なのは3回目のダウン
ここで倒し切る事で2回目の突進を防ぐのがタイム短縮に繋がります。
まずサテカノを一発通常通り撃ち込み…

ダウンから起き上がったら2発目は照準を少し手前に引いて発射

これで多段ヒット

後は三発目を通常通り撃ち込んで撃破
真正面でチャージすると車に妨害されるので注意

遅くても残16分時点では深遠戦に入れるようにしたい所。

深遠戦

第一形態~第二形態

さていきなりですがここでやってはいけない戦い方があります。

画像のように距離を取って戦ったりしていませんか?それは危険な戦い方です。
一見すると「シャープシューターも乗るし距離も取って回避も取りやすく…」
と思えるかもしれません。しかし実際は逆に危ないのです。何故かといいますと

各部位はそれぞれの視界にプレイヤーが入ると攻撃に移るのですが…

その視界を視覚化してみると大体こんな状態に。
(厳密に検証した訳ではないので正確な範囲ではないです)
この状態で下がると全ての部位に見つかり「殴ってくれ」と言うようなもの。
その為一つの部位(特に左右の)に攻撃対象を縛って接近戦を行うのが一番安全。
戦う部位を選ぶ事も重要です。ハサミ型の部位はマッシブを貫通するつかみや
エンドが通りづらくなる壁などが厄介なので極力避けるべき部位と言えます。

また、正面から撃つと2~3回しか当らないエンドアトラクトも
接近して真上に向かって撃ち込むと

このように5Hitが狙えWBがあれば一撃で壊す事も出来ます。
攻撃と防御どちらの面で見ても接近戦の方が有利になれます。
これを意識して行くことで第三形態までのタイムを大きく短縮できます。


第一形態のビットは縦1列に出るので足場の模様を目印に出待ちすると○
ちなみにこれは第三形態の開幕にも応用が可能。
第二形態以降はビットが自分に近づいてくるのを利用しランチャーの
フレイムバレットやコスモスブレイカーの地面撃ちが有効(要ノンウィーク)
仕留め損ねはパラ零で。

ビット破壊後コアに攻撃する時は照準の位置に立ち…


横からエンドアトラクトを撃つと5hit
上手く行けば反動も角で無効になって2発目にもスタスナが。

第三形態

レンジャーの場合ビット破壊してダウンを奪いエンドで削り
そのまま決闘に突入する事ができます。

ビット破壊には意外に有効なフレイムバレット
腕叩きつけのときにはステージ中央へと近づかないように注意

ビットを破壊し胸コアをエンドアトラクトで破壊したら
距離を取ってから倒れてる途中に頭WBを狙いそのままエンドを狙っていきます

最大チャージのエンドを連射すると最大4発まで入ります。
竜巻に邪魔されないように注意する事。胸コアを破壊する時の残PPにも気を配ろう。
削り足りなかった場合は頭や腕へのエンドを狙って攻撃。

決闘になったら始まる前にサテカノの貯めておき出現と同時に一発+WB
後はパラ零を撃ちつつ回避するだけで終わりますが、
途中でPPが尽きると危険なので残PPに自信が無い場合仮面の登場中にトラップを投げて回復しておくといいかと。仮面を撃破したら後はトドメを刺すのみ。
ここでもエンドアトラクトが有効ですが、TPSで撃つとビットに照準が取られ
斜めに弾が飛んでいく可能性がありますので深遠本体をロックして撃つのが安定。
無事撃破出来たらクエストクリアとなります。

番外編:フェーズスキップについて

第一形態・第二形態ではビット破壊でコアが露出しますが
このコアは「一定時間の経過」か「形態変化」のどちらかで閉じてしまいます。
第一形態のビットは形態変化後も生存し続けるので
ビット出現後本体を攻撃し第二形態になってからビット破壊をすれば
第二形態開始直後にコアを攻撃でき時間内に削りきれれば
そのまま第三形態へ直行します。しかしこのやり方はビット破壊を失敗した場合
コア攻撃が出来なくなるリスクを伴う為飽くまでもタイムを詰めたい人向け。
Sランククリアを目指したいというだけの場合は行わない方が良いです。

最後に

このクエストは公式が「上級者向け」と発言しているように
全ての人がクリアできるようには作られていません。なのでクリアが出来ない
Sランクが取れないといった事を過度に気にする必要はありません。
それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す