狙い撃ち

EP5・レンジャー調整の感想

calendar

7/26日よりEP5も始まりバランス調整も適用されました。
同時に実装されたヒーローをプレイしている方も多いと思います。
(僕もプレイしてましたがヒーローLv80にした所で飽きました)
その中でもレンジャーの調整に関して紹介していきます。

ウィークバレット

威力が1.2倍で外見は赤いWBに統一されました。弾数・リキャストはLv8で以前の数値にそこから+1SP毎に弾数が1発増え6発/90秒になります。
リキャストはLv8で頭打ちとなりそれ以上は変化しません。
造神や徒花といった元々ジャマー入りだったクエストでは弾数が増えWB管理がしやすくなり部位破壊などにも対応しやすくなりました。逆に各種探索クエストや防衛戦などでは倍率の低下が大きく、特にVR防衛では障壁の破壊・戦闘機破壊などがやりづらくなる形に。レイドボスなどでは12人に効果があるのでまだまだ強力ですが、ザコ戦中心の周回クエストなどではやや厳しい所。

合わせてWHAがWBの付いた部位には必ず発動するように
しかしWBがあってもWHAが乗らなかった部位は少ないので
一部のエネミーとの戦いでラクになるかといった程度ではあります。

ランチャー

特殊弾の威力が上方修正されました。上昇値は意外と大きく
ディバインランチャー零式のノンチャージ程度の威力にまで上昇
とはいえWBと共存しない事やスキルポイントの問題で
積極的に使っていくのは難しいかもしれません。
通常攻撃も強化され火力の底上げや密着距離での対応に使いやすくなっています。
ランチャーを使う時にはアタックアドバンスリングを採用するのもありかと。

ライフルPA

ピアッシングシェル  404→485
インパクトスライダー 1386→1733
スニークシューター  626→704
ディフューズシェル  600→935
グレネードシェル   335→402

5つのPAが威力上昇 とはいえ軒並み主力のPAではないので
火力としては底上げになったかという程度。
スニークシューターには出始めに無敵が付きました。
状況によってはパラ零回避よりも有利になるかも?
ディフューズシェルは上昇値が高く他が1.2倍程度の上方に対し
こちらは1.5倍程度の上方が入りました。ザコ敵が残ったけど
ランチャーに持ち帰る程でもないという状況には使いやすくなりました。
グレネードシェルは物凄い産廃が産廃ぐらいになりました。
弾速アップも実感しづらく威力も相変わらず不足気味。
硬直バグも依然として治ってないしどうにも使用用途が思い浮かばない。

総評として

基本的に戦闘スタイルが大きく変化するような調整ではないと思います。
しかし現状ではヒーローの機動力が高いのに加えWB弱体化で
現状は「やや厳しい物がある」と言った状態です。
正直に言うと火力か挙動面で何かしら上方が欲しい所……
(ブライトネスエンドがあの性能ならショットCパリングあっても良くない?)

サポーターズリンクに参加中 投票して頂けるとワンポイントの零式がカウンター系になるかも

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す