狙い撃ち

スタンディングスナイプの使いかた

calendar

まずスタンディングスナイプ(通称スタスナ)の基本性能について
「静止した状態で射撃したときのダメージが上昇する」
最大Lv10:射撃倍率115%
同性能のスキルが2つあり両方に全振りすると1.3225倍になります。
強力なスキルでありこれを習得しないという選択肢は無いと言って良いです。

静止した状態とは

条件としては「1秒以上静止した状態で入力した射撃のダメージアップ」です。

・具体的には…
サテライトカノンは数秒静止状態でチャージします
このチャージ時間でスタスナは「乗りません」
あらかじめ1秒以上静止してからサテカノを入力する事で乗せる事ができます。

静止の判定は「キャラの座標が動いてない事」で
自分から動いて無くても吸引で位置がズレたり
移動するビッグヴァーダーやマガツの上に乗っていると発動しません。
また、エンドアトラクトやその他ランチャーPAは反動による後退があり
連続で発動するとスタスナが発動しないので再発動には別の行動を挟みましょう。

次にスタスナの特徴として
「発動条件を満たしさえすればPAが終わるまで乗り続ける」という事です。
例として、1秒静止してからパラレルスライダー零式を発動した場合
一度撃ち止めるまですべての射撃に乗り続けます
これは例え移動撃ちしていても効果があるというコト
ワンポイントやインパクトスライダーでも「1秒静止してから」でダメージアップ
移動を伴うPAは「連続でスタスナを乗せられない」というだけで
スタスナを乗せられないという訳ではありません。

これらの性質を理解すれば火力を出せるようになってくると思います。

ジャストアタックも絡めていこう

ここまでで、1秒静止してから撃てば良い という事は解説しました。
しかし、実際にただ1秒棒立ちしてから撃つのではダメージが出ません。
なぜならジャストアタック(JA)をしていないからです。
JAの倍率が上がるサブハンターでは特に重要な部分。
近接などではとりあえず一発通常攻撃を空振りしてからPAで良いのですが
レンジャーの場合それが出来ない場合があります。
それはウィークバレットを装填している場合です。
JAする為にこれを撃つとあっという間に弾切れになってしまいます。
だからと言って強力なウィークバレットを使わない というのは本末転倒。
その為、まずPAを一発撃ってから本命のPAへ繋げるのが基本です。

以下のPAを一発目で使っていくのが基本となります。
・ピアッシングシェル
・スニークシューター
・パラレルスライダー零式
特に便利なのはパラレルスライダー零式で
空中でのスタスナ発動や無敵によって回避にも使えるのが大きなメリット
その他の解説はこちらのPA解説

PAでJAを行う性質上、レンジャーはPPを多く使う事を憶えておいてください。

ランチャーの場合

初動は通常攻撃1発でJAとスタスナが発動できます。
PA後には通常攻撃を2発撃たないと乗りません。
(地上撃ち3段目の通常は1発で発動)
以前はキャストと他の種族でスタスナの判定に差がある不具合がありましたが
今は修正されておりどの種族でも通常2発で問題なく発動します。

倍率が大きいスキルですので、しっかりと扱えるかどうかで火力に差が付きます。
レンジャーを扱うなら必ず抑えておきたい部分ですね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す